World Message Magazine

Message Web|メッセージ・ウェブ Vol.03 ビヨンセ インタビュー P1

Index

 

Copyright (C) Message Web. All Rights Reserved.

デスティニーズ・チャイルドとして、1億枚以上のセールスを記録、ソロとしても全米ナンバー1ソングを多数輩出し、2500万枚を越えるセールスを記録しているビヨンセ。ショウビズ界の女王にして、全世界が最も注目する史上最強のヒロインの最新ロングインタビュー。


素晴らしいアルバムになりましたね。やっと制作を終わって今の気分は?


ここのところずっとかかりっきりだったこのアルバムを、皆に聞いてもらいたくてたまらないの。みんなもそうだと思うんだけど、毎年毎年、アルバム1枚ごとに、私は成長してきたと思う。そしてこのアルバムが、私が今まで作ってきた中でも最高の作品だと思うわ。そして間違いなく一番長い時間をかけて制作したアルバムね。費やしてきた時間、考え、情熱がアルバムから聞き取れるわ。とても興奮しているし、誇りに思える作品になったわ。


今回は制作に1年かけたそうですが、どうやってそんなに時間を作り出せたのですか?


忙しいながら時間を捻出するのは、昔からやってきたことだもの。デスティニーズ・チャイルドのアルバムを出したのは15歳のときよ。そして今は27歳。その間に多くのことを成し遂げることができたから、次のゴールはクラシックで、伝説になるような、記念碑的作品を作ることだわ、と思っていたの。「何か大きなこと」「何かホットなこと」「その時においてクールなこと」じゃなくて、時代を超えて残るような何かをしたかったの。そして音楽的な面で、自分自身の高みへたどり着けるような挑戦が必要だと感じていたのね。だから「1年間きっちりアルバム制作に費やそう」と決めたのよ。1年間というか、それは半年だったかもしれないし、2年間だったかもしれない。とにかく急いで作品を作り上げるんじゃなくてね。といいながらその間映画を2本撮ったりしてるんだけど(笑)。本当は私じっとしてられない性分なのよ(笑)。やりたいことのためには時間を無理やりでも作っちゃうの(笑)。でもプライオリティはこのアルバム制作だったわ。いつも頭にあったのはマイケル・ジャクソンの中でも、私はベストだと思っている「オフ・ザ・ウォール」にまつわる話なんだけど、どれほどの曲をレコーディングしたかわからないけど、10曲にする、っていうのは決まっていたそうなの。そして気に入っている順に並べた10位の曲を超えるような曲を作り続けて、あの天才的なアルバムが出来上がったの。そんな感じのことをこのアルバム制作で心がけたのよ。本当に多くの曲をレコーディングして、ずっと「もっと良い曲が出来るはず」って言い続けてきたの。そのおかげでどんどん進化してきたし、違ったことに怖がらずにトライし続けたわ。その結果が、今までの私とは全然違うアルバムに仕上がった、というわけなの。

Back Number Interview Vol.30

Beyonce

ビヨンセ

Photo:Ed Burke

<<      1      >>